かんこく!韓国の反応翻訳ブログ

かんこく!韓国の反応翻訳ブログ

【悲報】韓国人投資家たち、サムスンと心中する覚悟を決めてしまう…

落ちるサムスン、捕まる投資家たち…10日間で3兆ウォン以上の買い越し

株価、心理抵抗線比29%下落…10ヶ月ぶりに「6万電子」
証券街、半導体業況懸念で目標株価8万~9万ウォン台に下方修正

20211014-01.jpg

サムスン電子の株価が急落する中、個人投資家らは9月末から、サムスン電子の株を3兆ウォン以上買い越した。

14日、韓国取引所によると、先月28日から今月13日までの10取引日間、個人はサムスン電子による買いで優位を維持し、2兆7002億ウォンを買い越した。

サムスン電子は同期間、個人買い越し金額1位の銘柄に上がった。

外国人や機関がそれぞれ2兆1087億ウォンと6507億ウォンを売り越し、市場に売りつけた物量を個人投資家らがそのまま受け入れた。

個人はまた、優先株であるサムスン電子優を同期間、3713億ウォン分買い越して、2位の銘柄に押し上げた。

普通株と優先株を合わせると、この10取引日間、個人が買い越したサムスン電子の株式は3兆715億ウォン規模に達する。 同期間、個人のコスピ全体の買い越し額2兆7937億ウォンを上回る規模だ。

個人が調整相場にほかの株を売っても、サムスン電子は長期的な株価上昇を期待し、底を打って一所懸命に買い付けたという意味だ。

しかし、このような個人投資家の買いにも関わらず、サムスン電子の株価は下落した。

前日、サムスン電子は前取引日より0.29%安の6万8800ウォンで引け、終値基準では昨年12月1日(6万7800ウォン)以降最安値を記録した。

サムスン電子の株価は12日、1ヶ月ぶりに6万ウォン台を突破した。 現在、株価は1月11日の取引中、軟膏点9万6800ウォンに比べ29%ほど下落している。

しかし、年明け以降から前日までの個人によるサムスン電子累積買い越し金額は計34兆6582億ウォンに上る。

最近、株価が連日底を打っただけに、今年三星電子を買収した多くの個人投資家が損失を被っているものと推定される。

20211014-02.jpg

サムスン電子は今年上半期までDRAM価格の上昇に支えられ好業績を上げ、株価も上昇傾向を見せたが、下半期に入って半導体業況不振の見通しに株価も下方圧力を受けている。

最近、台湾の半導体市場調査機関トレンドフォースは、サムスン電子が主力とするメモリー半導体DRAM価格が来年、平均15-20%程度下落するとの見通しを示した。

サムスン電子の株価見通しも明るくない。

エフアンドガイドが集計した証券会社21社のサムスン電子の平均目標株価は1日基準で9万7048ウォンと、10万ウォンに及ばなかった。

証券街では今年初めの「半導体スーパーサイクル」見通しで次々と目標株価を10万ウォン以上に引き上げた。 しかし、今やメモリー半導体業況の鈍化への懸念を反映して、相次いで目標株価を下げている。

サムスン電子の7-9月期暫定業績発表後、未来アセット証券(8万2千ウォン→8万2千ウォン)、ハイ投資証券(8万9千ウォン→8万9千ウォン)、イベスト投資証券(8万7千ウォン→8万7千ウォン)は目標株価を8万ウォン台に下げた。

ユジン投資証券(9万3千ウォン→9万3千ウォン)や新韓金融投資(9万6千ウォン→9万6千ウォン)などは、サムスン電子の目標株価を10万ウォン台から9万ウォン台へと下方修正した。

ハイ投資証券のソン・ミョンソプ研究員は「半導体価格は来年4-6月期に上昇すると期待される」とし「半導体株式を今すぐ積極的に買収するよりも、当面業況リスク要因と評価価値指標をより確認して買いに出るのが適切だろう」と説明した。

イ・スンウユジン投資証券リサーチセンター長は「中国と米国の経済鈍化リスクと半導体価格下落などを考慮すればサムスン電子の業績は来年上半期まで鈍化する」と予想した。

ただし「状況が極端に悪化しなければ来年下半期から利益がまた増える時期に入ると予想する」と付け加えた。

続きを見る

かんこく!韓国の反応翻訳ブログカテゴリの最新記事